地域循環共生圏

【開催案内(参加受付中)】 地域循環共生圏パートナーシップ基盤強化事業 令和3年度札幌勉強会「脱炭素2050と北海道経済・企業経営」(オンライン 2/1)

ESG金融、脱炭素の取り組みの主役たる地域金融機関や地域企業の皆さまを対象とした勉強会です。ESG金融の理念や脱炭素化を踏まえた国内の動向について情報を共有します。これらの動向について理解を深め、取り組みを始めるきっかけとしていただけますよう、ぜひご参加ください。

[開催日時]令和4年(2022年)2月1日(火)13:30~16:00
[開催方法]オンライン(オンライン会議システム「Zoom」を使用)
[定員]200名(先着順)
[参加費]無料
 ※チラシは【 こちら 】(PDF:323KB)からダウンロードしてご利用ください

 

プログラム

 開会挨拶 環境省北海道地方環境事務所長 櫻井 洋一
 講演(1)北海道におけるESG経営の重要性について
      株式会社ニューラル 代表取締役CEO 夫馬 賢治 氏
 講演(2)企業の脱炭素化の取組について
      環境省地球環境局地球温暖化対策課 脱炭素ビジネス推進室係長 金澤 晃汰 氏
 地域セッション
   (1)「ゼロカーボン北海道」の実現に向けた取組について
      北海道環境生活部ゼロカーボン推進局ゼロカーボン戦略課
      ゼロカーボン推進係長 名畑 太智 氏
   (2)2050北海道ビジョン ~脱炭素社会を実現するフロントランナー~
      北海道経済連合会 政策局長 柳川 雅昭 氏
   (3)ESG地域金融の視点から見た北海道
      三井住友信託銀行サステナビリティ推進部
      テクノロジーベースドファイナンスチーム、主任調査役 荻原 大輔 氏
   (4)地域活性化を伴走型で支援 ~脱炭素社会への貢献の可能性~
      株式会社ジェイアール東日本企画 取締役、
      ソーシャルビジネス・地域創生本部副本部長、
      ソーシャルビジネスソリューション局長、スペースプロデュースセンター長
      藤本 裕之 氏
 閉会挨拶 北海道財務局長 明瀬 光司 氏

 

お申し込み・お問い合せ

  参加をご希望される方は、1月28日(金)12:00 まで に、
  【 こちら 】の参加申込フォームからお申し込みください。
  フォームがご利用できない方は、お手数ですが
  EPO北海道代表メールアドレス(epoh-webadmin@epohok.jp)に
  「お名前」「ご所属」「メールアドレス」「参加をご希望される勉強会名」を
  お知らせください。
  なお、当日の資料は上記 イベントページに1月28日(金)頃に公開予定です。

  ※参加申込フォームは、2月4日(金)に開催する
   勉強会「食品ビジネスとSDGs」と共通です。
   勉強会「食品ビジネスとSDGs」の詳細は
   こちら(https://epohok.jp/act/info/14514)をご覧ください。

 [お問い合せ]
  環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)担当:溝渕
  TEL:011-596-0921 FAX:011-596-0931 WEB:http://epohok.jp/
  Eメール:epoh-webadmin@epohok.jp

 [主催]環境省北海道地方環境事務所、北海道、
     環境省北海道環境パートナーシップオフィス
 [協力]農林水産省北海道農政事務所

 ☆詳しくはこちらをご覧ください
 http://hokkaido.env.go.jp/pre_2022/2050.html