ESDの推進

ESDの推進

ESDとは「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)」の略称で、持続可能な未来の構築のために行動できる人の育成を目的としています。

「ヨハネスブルグサミット」(2002年)での日本のNGOと政府の共同提案により「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」(2005~14年)が採択され、現在はその後継プログラムである「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム」(略称「GAP」、2015~19年)を受け、世界各国でESDの取組みが進められています。

我が国も「国連持続可能な開発のための教育の10年」国内実施計画(2006年)に引き続き「我が国における『ESDに関するグローバル・アクション・プログラム』実施計画」(2015年)を策定し、地球規模の環境問題、資源や消費の持続性、人権問題、貧困、平和、多文化共生等、互いにつながりあう社会の課題解決に向けた教育や人づくりの取組みをすすめています。計画の推進にあたっては、GAPが定める5つの優先行動分野に沿って取組を進めていくこととしています。
 

GAPの優先5分野

(1)政策的支援(ESDに対する政策的支援)
(2)機関包括型アプローチ(ESDへの包括的取組)
(3)教育者(ESDを実践する教育者の育成)
(4)ユース(ESDを通じて持続可能な開発のための変革を進める若者の参加の支援)
(5)地域コミュニティ(ESDを通じた持続可能な地域づくりの促進)

 

EPO北海道では、北海道でのESDの普及や支援に向けたさまざまな事業を実施しています。

EPO北海道のESD関連の発行物は「EPO作成物」を参照ください。

ESDの推進 更新情報

一覧はこちら

一覧はこちら

2019/11/07 北海道地方ESD活動支援センター 【参加報告】2019年度高等学校生徒会フォーラム北見会場

 2019年11月2日(土)~4日(月)、生徒会に所属する高校生が集まり、SDGsを意識した生徒会活動のプロジェクトづくりが行われました!北海道地...

2019/10/28 北海道地方ESD活動支援センター 【訪問!ESD実践拠点(2)】標津サーモン科学館(標津町)

   道内には4館、サケをテーマとする施設(水族館・科学館)があります。カムバックサーモン運動が設立のきっかけとなった「札幌市豊平川...

2019/09/27 SDGs SDGs普及啓発ポスター「持続可能な社会をつくる!SDGs」を作成しました!

EPO北海道では、SDGs(持続可能な開発目標)の普及啓発ツールとして、SDGsポスター「持続可能な社会をつくる!SDGs」を作成しました。SDGsに関する...

2019/08/05 北海道地方ESD活動支援センター 【地域ESD拠点】新たな拠点が登録されました!

霧多布湿原ナショナルトラストさんが地域ESD拠点に登録されました! 現在、道内の地域ESD拠点は15拠点です。 ・認定特定非営利活動法人 霧多布...

2019/05/14 ネットワーク形成 RCE北海道道央圏から「RCE北海道道央圏からお届けするSDGsの要素と実践」が発行されました!

 EPO北海道が会員として関わらせていただいているRCE北海道道央圏より「RCE北海道道央圏がお届けするSDGsの要素と実践」が発行されました。48の会...