ESDの推進

ESDの推進

ESDとは「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)」の略称で、持続可能な未来の構築のために行動できる人の育成を目的としています。

「ヨハネスブルグサミット」(2002年)での日本のNGOと政府の共同提案により「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」(2005~14年)が採択され、現在はその後継プログラムである「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム」(略称「GAP」、2015~19年)を受け、世界各国でESDの取組みが進められています。

我が国も「国連持続可能な開発のための教育の10年」国内実施計画(2006年)に引き続き「我が国における『ESDに関するグローバル・アクション・プログラム』実施計画」(2015年)を策定し、地球規模の環境問題、資源や消費の持続性、人権問題、貧困、平和、多文化共生等、互いにつながりあう社会の課題解決に向けた教育や人づくりの取組みをすすめています。計画の推進にあたっては、GAPが定める5つの優先行動分野に沿って取組を進めていくこととしています。
 

GAPの優先5分野

(1)政策的支援(ESDに対する政策的支援)
(2)機関包括型アプローチ(ESDへの包括的取組)
(3)教育者(ESDを実践する教育者の育成)
(4)ユース(ESDを通じて持続可能な開発のための変革を進める若者の参加の支援)
(5)地域コミュニティ(ESDを通じた持続可能な地域づくりの促進)

 

EPO北海道では、北海道でのESDの普及や支援に向けたさまざまな事業を実施しています。

EPO北海道のESD関連の発行物は「EPO作成物」を参照ください。

ESDの推進 更新情報

一覧はこちら

一覧はこちら

2021/09/13 北海道メジャーグループプロジェクト 【開催報告】北海道メジャーグループ・プロジェクト2021 「キックオフミーティング~未来の描き方入門~」

昨年のメジャーグループプロジェクトに引き続き、北海道メジャーグループプロジェクト2021(主幹団体:さっぽろ自由学校「遊」、北海道地方ESD活動...

2021/09/07 気候変動教育 【開催報告】気候変動教育連続勉強会第3回「気候変動の地元学」による共学と共創

北海道地方ESD活動支援センター(EPO 北海道)では、脱炭素社会への転換を見据えた人材育成のために「気候変動教育」について国内外の動向や事例を...

2021/09/01 ESD 【申込受付開始!】東北ESD/SDGsフォーラム2021みちのくSDGs in あおもり ~人づくりから広がるSDGsの力~(10/17 青森、オンライン)

持続可能な社会の実現に関わる「人づくり」をテーマに開催いたします。 また開催地となる青森県の資源や文化、環境、人と人とのつながりから生ま...

2021/08/31 ESD 道内地域ESD拠点における「緊急事態宣言」下における休館・イベント中止等(8/31 把握分)

緊急事態宣言(8/27~9/12)期間中の道内地域ESD拠点の休館・イベント中止等の情報を、各拠点のサイト発信情報をとりまとめました(8/31 把握分)...

2021/08/20 北海道メジャーグループプロジェクト 北海道メジャーグループ・プロジェクト2021

プロジェクトについて 国連は、持続可能な社会づくりを達成するために、国連の動きにすべての市民が参加できるように9つのグループ、「国連メジ...