協働取組

協働取組

複雑化・多様化する環境問題の解決に向けては、地域・立場・分野を越えて人と組織が力を結集していく必要があります。EPO北海道は、NPO/NGO、事業者、行政、学校、専門家などさまざまな立場の人々が、それぞれの強みを生かし、対等な立場と役割分担に基づき、地域や社会の共通利益を実現する協働取組を推進していきます。

環境教育等促進法

2011年6月15日に「環境の保全のための意欲の増進および環境教育の推進に関する法律(環境教育推進法)」が一部改正され、「環境教育等による環境保全の取組の促進に関する法律(環境教育等促進法)」として、2012年10月1日に完全施行されました。

同法では、地方自治体による行動計画の策定や、体験機会の場や人材育成制度の認定制度などのさまざまな政策ツールとともに、環境政策への民間団体の参加や協働取組の推進、政策形成への民意の反映、協働取組に関する協定の締結などを具体的に規定しています。EPO北海道は、こうしたさまざまな制度を地域にお知らせし、その具体的な活用をお手伝いします。

 

環境省は、環境教育等促進法第19条に基づく国の政策推進拠点として、全国8カ所の地方環境パートナーシップオフィスと地球環境パートナーシッププラザ(通称「GEOC」、東京)を設置、運営しています。

 

EPO北海道では、環境分野の協働取組の拡大のために次のような事業を実施しています。

 

協働取組 更新情報

一覧はこちら

一覧はこちら

2018/04/18 協働取組 【開催報告】中間支援スキルアップ研修 地域の課題解決のために協働をつかいこなそう

  平成30年3月9日(金)に、市民活動プラザ星園(札幌市)にて、「中間支援スキルアップ研修 地域の課題解決のために協働をつかいこなそ...

2018/03/31 協働取組加速化事業 協働取組加速化事業 成果物紹介

環境省では、平成25年から平成29年度にかけて、地域における課題解決や地域活性化のために必要な官民の協働取組の創出、支援を目的として「地域活...

2018/03/13 協働取組加速化事業 協働の仕組と事例集、政策協働ガイド 発行のお知らせ

平成25年から実施されている環境省事業「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」から得られた知見をもとに、「環境保全からの政策協働ガイド~...

2018/02/02 協働取組加速化事業 協働ギャザリング2018 ~環境×協働の未来を考える~(東京 2/17)

「協働取組」とは市民、NPO、企業、行政など様々なセクターが共通の目的を持ち、対等の立場でパートナーシップを組み、課題解決にあたることを意味...

2017/12/22 環境中間支援会議・北海道 【開催報告】第2次札幌市環境基本計画策定に向けた意見交換会~私たちが創る「環境首都・SAPP‿ RO」~

 札幌市の環境保全施策の総合計画である「札幌市環境基本計画」は計画期間が1998~2017年度のため、平成27年度より改定に向け第10次札幌市環境審...