ESDの推進

VR映像体験展示と内覧会について(認定NPO法人サロベツ・エコネットワーク)

サロベツ湿原センターでは、訪日外国人を含めた利用者の利便性向上や現地滞在時間延長を目的として、 多言語対応の「VR(バーチャルリアリティ)映像体験展示」と「デジタルサイネージ(電子案内看板)」の整備が行われました。

 VRでは、サロベツ湿原、利尻島、礼文島各地の空からの映像や、湿原散策、登山、シーカヤック等の疑似体験を 迫力ある幅2mの大型モニターと、臨場感あふれるVRゴーグルでご覧いただけます。
 デジタルサイネージでは、タッチパネルの操作により、当国立公園内の情報を感覚的に閲覧・収集でき、アクティビティやガイドツアー等の 情報も幅広く提供できるものです。展示の様子はページ下部のリンクからご覧いただけます。

 地元関係者と報道関係者のみなさまを対象に、供用開始前に展示体験をしていただけるよう、下記の日程で内覧会を行います。
■ 日程:2021年4月27日(火) 13:30~14:30
■ 場所:サロベツ湿原センター

※新型コロナウイルス感染予防のため、定期的な換気、展示機器の消毒等の対策を行います。
※参加者は、参加前の健康チェック、マスクの着用、手洗い、手指の消毒、咳エチケットの徹底などをお願いいたします。

 

☆詳しくはこちらをご覧ください