実践拠点支援事業

実践拠点支援事業

環境省では、平成28年度から、地域でESDを効果的に進めていくために、地域の環境教育・学習拠点での活用及びESDの導入・実践支援に取り組んでいます。

北海道では、以下の施設・フィールドを拠点に、ESDの実践に向けたパートナーシップの形成、研修のコーディネート、教育プログラム作成等の伴走支援を行っています。

平成28年度

 

また、EPO北海道では、平成25年度から平成27年度にかけて、ESD環境教育プログラムの作成と学校での実証を行いました。事業詳細については以下をご覧ください。

  • ESD環境教育プログラム実証等事業 [準備中]

実践拠点支援事業 更新情報

一覧はこちら