ESDの推進

ESDの推進

ESDとは「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)」の略称で、持続可能な未来の構築のために行動できる人の育成を目的としています。

「ヨハネスブルグサミット」(2002年)での日本のNGOと政府の共同提案により「国連持続可能な開発のための教育(ESD)の10年」(2005~14年)が採択され、現在はその後継プログラムである「ESDに関するグローバル・アクション・プログラム」(略称「GAP」、2015~19年)を受け、世界各国でESDの取組みが進められています。

我が国も「国連持続可能な開発のための教育の10年」国内実施計画(2006年)に引き続き「我が国における『ESDに関するグローバル・アクション・プログラム』実施計画」(2015年)を策定し、地球規模の環境問題、資源や消費の持続性、人権問題、貧困、平和、多文化共生等、互いにつながりあう社会の課題解決に向けた教育や人づくりの取組みを進めています。

EPO北海道では、北海道でのESDの普及や支援に向けたさまざまな事業を実施しています。

 

EPO北海道のESD関連の発行物は「EPO作成物」を参照ください。

 

ESDの推進 更新情報

一覧はこちら

2017/03/15 SDGs持続可能な開発目標 【ESD/ユースの取り組み(2)】ユースの活躍。全国の若者の声を発信したい JBYN

2010年に名古屋で開催された「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」を機に、若者(ユース)も生物多様性へ継続的な政策提言を行っていくため...

2017/03/15 SDGs持続可能な開発目標 【ESD/ユースの取り組み(1)】ユースの可能性は無限大。大きな枠組だからこそユースの声が必要。CYJ

2009年デンマーク・コペンハーゲンで開催された「第15回気候変動枠組条約締約国会議(Conference of the Parties、COP)」に参加した若者(ユース...

2016/10/05 ESDの推進 NPO法人西興部村猟区管理協会

  平成28年3月4日(金)、農林業被害やロードキルなど多くの課題をもつエゾシカ。エゾシカにまつわる課題を解決しようと調査研究、有効利用やハ...

2016/09/26 SDGs持続可能な開発目標 「北海道大学サステナビリティ・ウィーク10周年記念国際シンポジウム~SDGsへ貢献する高等教育のあり方~」の分科会をEPO北海道が共催!(札幌 10/30)

 北海道大学サステナビリティ・ウィーク2016(主催:北海道大学)は、今年で10年を迎えました。それを記念して10月29日(土)~30日(日)には「...

2016/09/12 ESDの推進 白滝ジオパーク

 平成28年3月4日(金)、北海道で3か所目番目に日本ジオパークの認定を受けた白滝ジオパーク(遠軽町)の中原誉さん(遠軽町総務部ジオパーク...