イベント開催情報

2018年01月18日(木) 
気候変動への適応策を考える学習会「自然災害に環境NPOはどう向き合うのか」(札幌 1/18)

開始日時 2018/01/18 18:30
定員 50人
予約締切日時 2018/01/16 00:00

平成28年度に北海道を襲った台風10号及び8月の豪雨災害については、皆さんも記憶に新しいと思います。豪雨災害は今後、気候変動に伴って激化すると考えられています。「今まで経験したことがない」自然災害が起こる時代、私たちの日常を守るには、人と人、組織と組織が平常時から意思疎通を行い、非常時を乗り越えるつながりを育む必要があります。

今回の学習会では、台風10号等により甚大な被害を受けながら、地域の関係主体と迅速に連携・協働し、被災者支援にあたった認定NPO法人どんころ野外学校(南富良野町)元スタッフの本多貴子氏と事務局長の新野昌子氏を招き、災害にどのように対応したのか、またそれを可能にした基盤は何かを探ります。

また、南富良野町での被災者支援にも深く携わった(一社)Wellbe Design 理事長の篠原辰二氏に、今年度、NPOを対象に道内3か所で行った「被災者支援を考える意見交換会」の報告等をいただき、全体を通した意見交換を行います。環境分野に限らず、災害対策に関心を持ち、一歩踏み出そうとお考えの皆さんのご参加をお待ちしています。

[日 時]2018年1月18日(木)18:30~21:00
[会 場]札幌市環境プラザ 環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ 2階)
     http://www.top.sl-plaza.jp/
[ゲスト]認定NPO法人どんころ野外学校 事務局長  新野 昌子氏
     http://www.donkoro.com/
     認定NPO法人どんころ野外学校 元スタッフ  本多 貴子氏
     一般社団法人 Wellbe Design 理事長  篠原 辰二氏
     http://www.wellbedesign.jp/
[定 員]50人
[対 象]自然学校を始めとする環境NPO、災害対策に関心のある行政・企業・市民・NPO等
[参加費]無料

[お申し込み]
  下記の申し込みフォームをご利用いただくか、お電話もしくはファックス、メールにて、
  必要事項(お名前・ご所属・連絡先)をお知らせください。
[お問い合せ]
  環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)
  〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目大五ビル7階  担当:溝渕
  E-mail:epoh-webadmin@epohok.jp
  TEL:011-596-0921 FAX:011-596-0931

[主 催]環境省北海道環境パートナーシップオフィス
[共 催]NPO法人北海道NPOサポートセンター
     http://npo.dosanko.org/

※チラシはこちらからダウンロードしてご利用ください。
 180118_自然災害に環境NPOはどう向き合うのか (PDF:744KB)

※平成28年度「札幌圏での大規模災害対策を学び、考える」連続セミナー(全4回)
 の内容につきましては、こちらをご参考ください。
 http://epohok.jp/act/info/int/disaster