イベント開催情報

2017年10月16日(月) 
環境中間支援会議・北海道連続勉強会「環境学習施設の可能性を考える」第3回  都市型環境学習施設と持続可能な開発のための教育(札幌 10/16)

開始日時 2017/10/16 14:00
定員 40人
予約締切日時 2017/10/13 17:00

 我が国には、都市部を中心に、地域のこどもたちや市民に環境に関する気づきや学びを提供する「環境学習施設」と呼ばれる施設がたくさんあります。それらの多くは専門職員が常駐し、市民に開かれた公共施設として活用されてきましたが、設置後10~20年を経て予算や運営面を含め、課題も見えてきています。
 一方で、国連が社会の存続に向けた持続可能な開発目標(SDGs)を提唱し、世界や地域の課題解決のためにESD(持続可能な開発のための教育)の推進が求められる中、貴重な社会資本でもある環境学習施設には新たな役割も期待されます。
 今回は、国内の代表的な環境学習施設をプロデュースしてきた専門家をお招きし、そうした施設の現状と今後の可能性について考えてみたいと思います。都市・生活環境分野ののみならず、博物館・科学館・動物園など社会教育施設や公共・企業の各種見学施設で環境学習に関わるみなさまの参加もお待ちしております。

[日時] 2017年10月16日(月)14:00~16:00(開場13:30)

[会場] 札幌エルプラザ2階 会議室1・2(札幌市北区北8条西3丁目)

[定員] 40名 ※参加無料

[内容](1)講演「都市型環境学習施設とESD~持続的な運営とこれからの可能性」   (60分)
       ゲスト:森 高一さん(株式会社森企画代表)
      (2)参加者との意見交換          (50分)

森高一氏プロフィール

1967年東京生まれ。立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科博士前期課程修了。参画・協働型の場づくりを第一に、環境教育施設の企画・運営をはじめ、企業や行政の環境コミュニケーションの現場をつくる環境プランナー。株式会社森企画代表取締役、日本エコツーリズムセンター共同代表理事、大妻女子大学・学習院大学で非常勤講師。

[申込み] ページ下部申込フォームまたはEmail、電話で、氏名・所属・連絡先をご連絡ください。
      ※ 参加費は無料です。

[連絡先] 環境省北海道環境パートナーシップオフィス(EPO北海道)
〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目大五ビル7階
Email:epoh-webadmin@epohok.jp TEL:011-596-0921

[主催] 環境中間支援会議・北海道(※)
[共催] 北海道地方ESD活動支援センター(9月29日開設予定)

チラシ チラシのダウンロード【pdf  1MB】

 

※ 環境省北海道環境パートナーシップオフィス、公益財団法人北海道環境財団、札幌市環境プラザ(指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会)、NPO法人北海道市民環境ネットワークの4拠点で構成し、環境保全活動に関する情報受発信、出版、セミナ・ワークショップ等を協働で実施しています。(http://enavi-hokkaido.net/

    申し込みフォーム

    *は入力必須項目です。

    名前*
    所属
    メールアドレス*
    電話番号
    お問い合せ等ありましたらご記入ください