EPO北海道について

EPO北海道について

  1. EPO北海道とは
  2. 事業コンセプト
  3. スタッフ
  4. 事業計画
  5. 事業報告

 

EPO北海道とは

「環境パートナーシップオフィス」(略称「EPO」)とは、環境省が環境教育等促進法第19条に基づき全国8カ所に設置する、環境教育や環境保全活動の推進拠点です。EPO北海道(正式名称「環境省北海道環境パートナーシップオフィス」)は、環境省北海道地方環境事務所と公益財団法人北海道環境財団が協働で運営しています。環境問題が多様化・複雑化していくなかで、その解決のためには地域・立場・分野を越えた協働=パートナーシップが不可欠です。EPO北海道は、NGO/NPO、企業、行政、学校、専門家などの力を結集し、北海道で地域と世界をつなぎ、「環境」を軸に社会の課題解決に向けたパートナーシップの形成を進めていきます。

なお、EPOは、北海道以外にも東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州の各ブロックに設置されています。詳しくは各EPOのサイト(トップページにバナーあり)をご覧ください。

 

 

事業コンセプト

EPO北海道は、環境パートナーシップの前提となる「対話」により相互理解を進め、そこから生まれたアイデアを「実践」し、その成果や有用な情報を「発信」することで新たな対話を創出するというサイクルを循環させながら、「環境」を軸に道内での課題解決をお手伝いします。

 

 

 

スタッフ

チーフ 溝渕 清彦

民間の調査研究会社で自治や地域振興等を担当した後、公益財団法人北海道環境財団に勤め、2011年より環境省北海道環境パートナーシップオフィス業務に従事。経験や知恵をお持ちの皆さんと対話を重ね、一緒に北海道のこれからをつくりだせるよう、いろいろなものを「つなぐ」お手伝いができればと思います。皆さんのお話をうかがえることを楽しみにしています。

スタッフ 大崎 美佳

北海道札幌市出身。酪農学園大学環境システム学部生命環境学科卒業。台湾へ語学留学経験あり。卒業後、宮城県気仙沼市において2か月間の震災ボランティアコーディネーター等を経て、2012年国際交流関係の団体に所属し、JICAの研修事業やイベントの企画・運営等を担当。2015年からEPO北海道スタッフとしてSDGs(持続可能な開発目標)の普及啓発やESD(持続可能な開発のための教育)の推進を担当。大好きな北海道を持続可能にしていきましょう!

 

スタッフ 倉 博子

北海道札幌市出身。2013年よりEPO北海道スタッフ。ESDや環境中間支援会議・北海道関係の業務を担当し、現在は情報収集・発信業務に従事。E☆naviやEPOのwebサイト等をみれば北海道の環境情報がわかる! という状態を目指しています。皆さんも情報等、ぜひお寄せください。

 

事業計画

 

事業報告

第Ⅳ期

平成27年 平成28年  
 上期下期  上期下期  

 

第Ⅲ期

平成24年 平成25年 平成26年
 上期下期  上期下期   上期下期

 

第Ⅱ期

平成21年 平成22年 平成23年
 上期下期  上期下期   上期下期

 

第Ⅰ期

平成18年 平成19年 平成20年
第1四半期第2四半期
第3四半期第4四半期
 上期下期   上期下期